自己紹介

が投稿

■氏名   中 川 健 一 (ナカガワケンイチ)

■生年月日 1969年4月24日 48歳

■略歴

  • 愛知県立半田高等学校(39回生)       1988年3月卒業
  • 早稲田大学社会科学部           1995年3月卒業
  • 衆議院議員河村たかし公設第二秘書     1994年3月より約3年間
  • 大前研一のアタッカーズスクール第2期生        1997年2月修了
  • 株式会社東洋発酵             1999年8月より約7年間
  • 半田市議会議員一期目(6位、1973票)   2007年5月より4年間
  • 半田市議会議員二期目(3位、2211票)   2011年5月より4年間
  • 半田市議会議員三期目(6位、1976票)   2015年5月より現在

■市議会での経歴

市議会議員一期目

  • 半田市議会建設産業委員会 委員       2007年5月より4年間
  • 半田市都市計画審議会 委員         2007年5月より4年間
  • 半田市議会議会運営委員会 委員       2009年5月より1年間
  • 半田市議会コミュニティバス調査特別委員会 委員   2007年6月より1年間
  • 半田市議会3R推進特別委員会 委員       2008年6月より2年間
  • 半田市議会総合交通体系調査特別委員会 委員 2010年6月より1年間
  • 中部知多衛生組合 議員(し尿処理の組合)   2007年5月より1年間

市議会議員二期目

  • 半田市議会建設産業委員会 委員       2011年5月より4年間
  • 半田市議会新エネルギー施策特別委員会 委員   2011年6月より1年間
  • 半田市議会市民生活支援対策特別委員会 委員 2012年6月より1年間
  • 半田市議会防災・減災対策特別委員会 委員  2013年6月より1年間
  • 半田市議会地域包括ケアシステム特別委員会 委員   2014年6月より1年間

市議会議員三期目

  • 半田市議会総務委員会 委員          2015年5月より現在
  • 半田市議会総合交通体系調査特別委員会 委員  2015年6月より1年間
  • 半田市議会新総合体育館調査特別委員会 委員  2016年6月より1年間
  • 半田市議会議会運営委員会 委員        2017年5月より現在
  • 半田市都市計画審議会 委員          2017年6月より現在
  • 半田市議会コミュニティ施設のあり方調査特別委員会 2017年7月より現在

■政党経歴

  • 民主党 離党届出書 提出          2013年6月15日付
  • 維新の党 入党 愛知県総支部 副政調会長  2014年9月27日より
  • 日本維新の会 愛知県総支部 総務会長    2016年11月より現在

■資格

  • 宅地建物取引主任者試験合格
  • 産業カウンセラー  
  • キャリアコンサルタント  
  • ホームヘルパー(訪問介護員) 2級 
  • 福祉用具専門相談員      
  • 剣道              二段
  • 少林寺拳法          初段  

■趣味  旅とお茶と読書

  • これまでにインド・エジプト・イスラエル・ソ連(現ロシア)・中国・パキスタン・タイ・ラオス・シンガポール・インドネシア・マレーシア・ドイツ・韓国・アメリカ・フランス・モナコ・イタリア・ヴァチカンなど18カ国を旅しました。自称バックパッカーです。
  • 好きな映画は「男はつらいよ」シリーズと「天空の城ラピュタ」、「カサブランカ」、「死ぬまでにしたい10のこと」など。
  • お茶は裏千家で、コーヒー代わりに抹茶を飲むこともしばしば。でもコーヒーも大好きです。
  • 読書は大学生の時に日本の安全保障政策を研究した関係で、今でもその類の本を読むことが多いです。面白い、という観点で私のお勧めは、次の通りです。
    • 『世界地図の中で考える』(高坂正尭著)
    • 『海の都の物語』(塩野七生著)
    • 『大国の興亡』(ポール ケネディ著)
    • 『マッキンダーの地政学』(H・Jマッキンダー著) 

■座右の銘

 「面白きこともなき世に面白く、すみなすものは心なりけり」
                     ‐高杉晋作-

 「あー生まれてきて良かった、そう思うことが何べんかあるだろう。そのために生きてんじゃねぇか。」 
                     -車寅次郎-

■座右の書

  「朝の論語」 安岡正篤 著   

  「氷川清話」 勝海舟 著

                          以 上